Sunday, October 26, 2014

内科的治療と外科的施術

一般的に、人の内臓機能の診察や治療、施術は内科施術であり、内科診療であり、内科治療になります。
逆に、内臓機能の施術的治療の表立った部分は外科的治療に分類されています。
ひとつの病院に内科も外科も置いてある大きな病院では、連動性も図られていて、内科診察から外科的治療への必要性があれば外科的手術へと移行する流れが一般的です。

しかし、外科だけが治療の根底を握っている訳ではなく、カテーテル検査からカテーテル治療や、ガンマナイフ、放射線治療、人工透析等、内科施術として、治療の一端を担っています。
特に、内臓機能の疾患は外科的治療による合併症の誘発が多い事から、内科治療で納めてしまう事がいい判断とされている治療も多くあります。
そのうちの一つがカテーテル検査で、外科的治療としての執刀する必要がなく、血管を通して、レーザーやバルーンを通して内臓治療にあたります。
人工透析は腎臓不全にとても有効とされて、人工透析の為に病院に入院しているケースも少なくありません。

カテーテルや人工透析を行う病院はとても大きな病院にあたり、その設備で治療に至るまでの迅速な連携がとても有効的と考えられています。
それだけに、今後の治療方針としても様々な角度から考えていく事で、患者さんの体力や、今後の診療計画に対してのリスクマネージメントにとって大きな役割を担っていると考えてもいいのではないでしょうか。

外科は外科でしかできない事を治療として施術しますが、外科でやらなくてもいい事をしっかり収めて患者さんの先を考えていく事の必要性を担っている事が強く示されていると言えます。

オススメ情報

岡山で透析を受けるなら:岡山西大寺病院
都筑区でオススメの内科といえば|都筑あずま内科リウマチ科